Yahoo!プロモーション広告のように、
検索エンジンで検索するキーワードに連動している広告のことを、
一般的には「リスティング広告」と表現することがあります。

また、PPC広告(Pay Per Click)と呼ばれる広告も、
同様にリスティング広告と同じ形態の広告を指します。

世の中には多くの広告の形態が存在しますが、
看板広告やつり革広告とリスティング広告には大きな違いがあります。

では、一般の広告とPPC広告は何が違うのでしょうか?

1.属性の絞り込み度(濃さ)が違う

これについては、一般の広告と比較してみると分かりやすいです。

看板広告の場合、基本的に通りすがりの人を対象としているので、
その広告に興味のない人が大半です。
属性の濃さとしては、かなり低いものになります。

一方で、PPC広告の場合は、
ユーザーが知りたくて調べている内容に関連した広告が表示されます。

つまり、ダイエットサプリメントで検索している人の目の前に、
ダイエットサプリメントの広告を出すことができるのです。

どちらの広告が効果的なのかは、一目瞭然ですね。

2.課金制度の違い

通常、「広告を出す」ということになると、
看板広告であれ、チラシ広告であれ、作成費用を先払いする形になるのが普通です。

ただ、無差別にチラシを配るにしても、人通りの多いところに看板を立てたとしても、
その効果は広告を出してみるまで分かりません。

むしろ、いくらか効果があればよいのですが、
大金をつぎ込んだ後で全く効果がなかったのでは、本当に目も当てられません。

その点、PPC広告は「クリック課金制」となっています。

クリック課金とは、簡単に言えば、
あなたが出稿している広告が「クリック」された時だけ、
その広告費用がかかるというものです。

つまり、広告を検索エンジン上に掲載するだけなら「無料」なのです。

また、課金される金額は、1クリック数円程度から自分で設定できますので、
初期投資として、まとまった広告費を用意する必要が無くなります。

つまり、リスティング広告(PPC広告)は無駄が少なく、
とても費用対効果に優れた広告だという事ができるのです。
(▼▼▼詳細はこちら)
Yahoo!プロモーション広告

関連記事

 → Yahoo!プロモーション広告申込手順
 → Yahoo!プロモーション広告とは?
 → Yahoo!プロモーション広告で何ができるのか?

 → Twitterプロモ商品(ツイッター広告)とは?
 → Twitterのアカウントを複数取得する手順
 → Twitterプロモ商品開設手順

新規コメントの書き込み